プラセンタ注射に副作用はあるの?

プラセンタ注射が高い効果を発揮することはわかっていても、やはり直接体内に取り入れることに
抵抗を感じたり、副作用を感じる人も多いようですね。
プラセンタ注射に使われる「「ラエンネック」や「メルスモン」は厚生労働省で認可された薬です。
そもそも薬には副作用がつきもの。
風邪薬にだって眠気など何かしらの副作用があるのですから当然ですね。
現在のところ、プラセンタ注射による重篤な副作用の報告はありません
軽いものでは微熱や発疹、注射したところが赤くなったり、少し腫れたりすることはあるようですが、
ほとんど数時間、数日のうちに治まります。
とは言っても、プラセンタ注射は生体由来製剤と同じですから、もしかしたら未知の病原体が潜んでいる可能性が
ゼロではないことからあらゆるリスクを考慮する必要があるのです。
そのため、現在、プラセンタ注射を受けている人は献血ができないことになっています。