更年期障害の主な症状

更年期障害は卵巣機能が低下卵巣機能が低下することでみられるさまざまな症状のことで
加齢と共に減少する女性ホルモンが深く関わっているといわれています。
個人差が大きく、軽い人もいれば、寝込むほど重症の人もおり、
身体的な不調だけではなく、精神的な症状が見られる人もいます。
まず、身体的なものでは、のぼせ、めまい、発汗、動悸、息切れ、冷え性、腰痛、頻尿などが主な症状です。
どれか1つというわけではなく、いくつかの症状が重なって現れることも少なくありません。
めまいがして病院を受診し、いろいろと検査をしても異常が見つからず、
結局は更年期障害と診断されるようです。
また、精神的な症状としては、不眠、疲労感、倦怠感、無気力、不安感、イライラなどのほか、
ひどく落ち込んでうつ状態になる人もいます。

更年期障害はどうしておこるの?

更年期障害は、閉経前後に卵巣機能の低下によって、女性ホルモンである「エストロゲン」が減少することで
起こります。
女性ホルモンが減少すると自律神経のバランスが崩れてしまい、身体的だけではなく精神的な不調が現れるのです。
本来、女性ホルモンは脳からの指令によって卵巣から分泌されるのですが、卵巣の機能自体が低下していると
いくら指令が出ても分泌されません。
このような状態が続くことで自律神経のバランスが崩れ、それがほてりやめまい、動悸、発汗などの
さまざまな更年期障害の症状を招くというわけです。

更年期障害の検査と診断方法

めまいや動悸がして病院に行き、検査の結果特に異状が見つからない場合、
年齢等を考慮して医師から更年期障害かもしれないと言われることがあります。
更年期障害の疑いがあれば、しかるべき検査を行うことで診断ができます。

 

血液検査
 血中のホルモン量を測定し、更年期特有のエストロゲンの減少や卵胞刺激ホルモンの増加などの
 ホルモン変化が見られるかどうかを確認します。

 

内診、細胞診の検査
 内診や粘膜を採取し、子宮筋腫などの婦人科系の病気がないか調べます。

 

心理テスト
 うつの兆候などの精神的疾患がないか、簡単な心理テストによってチェックします。

 

これらの検査に該当し、さらに更年期障害にあたる年齢であるか、別の病気がないことなどによって
初めて更年期障害であると診断されます。